沈黙の臓器「肝臓」

girl got a cold

私たちの体内にある肝臓は、非常に多くの働きをしてくれる大切な臓器です。
肝臓の働きと言えば大きく分けて3つあり、食べたものを分解し栄養分として吸収する働き、アルコールなどの有害物質を分解し解毒する働き、十二指腸で脂肪の消化の際に活躍する胆汁を作り上げる働きがあるんです。
こう見てみると、Liv.52 DSの利用を検討している方も肝臓の働きを食べ過ぎや飲み過ぎによって止めてはならないという重大さが分かりますよね。
ただ、こんな風に大活躍してくれている肝臓にどうして「沈黙の臓器」という呼び名が付けられているのか疑問に感じませんか?
Liv.52 DSの利用を検討している方も肝臓の働きについて詳しく知りたいという方は多いと思いますが、その一番の理由としては肝臓に神経がそれほど通っていませんので痛みを感じても自覚することができないからなんです。
強いストレスを感じたら胃がキリキリと痛んだり、緊張すると心臓が苦しくなるというように、他の臓器の場合痛みを感じれば自分でもすぐに自覚できますよね。
しかし肝臓は痛みを感じても表に出すことは少なく、再生能力も高いのですぐに肝臓が自分の力で治してしまうんです。
そのため、もしLiv.52 DSの利用を検討している方に自覚症状がないから健康なんだと思い込んでいたとしても、知らぬ間に肝臓がんや肝硬変になってしまっていた…ということも十分あり得る話ですから、少しでもサインがあったら見逃さないことが大切です。
そうは言っても、お酒の席では肝臓のことを気にせずに楽しくお酒を飲みたい!と考えるのが普通ですよね。
そんな方はぜひLiv.52 DSを食事の前に飲むようにして、大量の食事やアルコールから大切な肝臓を守るようにしましょう。